入れ歯

入れ歯

入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。
虫歯や歯周病、外傷などが原因で失った歯や歯肉などの形態と機能、見た目を回復させるものが「部分入れ歯」。
一方、歯をほとんどすべて失った場合に用いるのが「総入れ歯」です。
部分入れ歯や総入れ歯の治療にあたり、保険診療で行うか、自由(自費)診療で行うかを選択していただきます。
初めて入れ歯を作られる場合、当院では、保険適用の入れ歯をおすすめしております。
その理由は、費用面の負担が少ないことと、まずは入れ歯がどういうものなのか、慣れていただきたいためです。
一般的な入れ歯を経験していただいた上で、自由(自費)診療の入れ歯をご検討ください。
装着後は定期的に来院いただき、調整やお手入れ方法の指導、メンテナンスを行います。

保険適用

床の素材がプラスチックでできており、強度を持たせるために厚さが増します。
そのため違和感はありますが、保険で修復もできるため、費用的な負担が少ないことが大きなメリットです。

自由(自費)診療

より質の高い入れ歯を作るために、材料や技術にこだわったオーダーメイドの入れ歯を選択される方もいます。
当院では、美しさと装着感を追求したノンクラスプデンチャー(1本8~14万円)を採用
金属製のクラスプ(バネ)を使用していないため、一見、入れ歯をしていることがわかりません。付け心地がよく、軽いことが特徴です。
その他、ご希望やご予算に応じてふさわしい入れ歯をご提案します。
気軽にお問い合わせください。

ノンクラスプデンチャーを使っている方の声

  • 口元を隠すことがなくなった
  • 自分の歯のような噛みしめ感がある
  • バネが掛かった歯が痛むことがなくなった
  • 軽くて付け心地がよい
  • 歯と入れ歯の間に食べ物が詰まりにくくなった
  • カラオケがうまくなった(発音がしやすくなった)
side_tel.png