Q&A

Q&A

診療について

Q

どのタイミングで受診したらいいですか?

A

症状にもよりますが、虫歯の場合、自然に治癒することはありません。痛みが発生してから受診すると、治療に長い時間を要する可能性が高くなり、治療費もかさみます。
歯周病の場合も、進行具合によって治療に要する時間や費用が異なります。少しでも違和感があったり、変化を感じたりした場合は、できるだけ早いタイミングで受診することを心がけましょう。

Q

毎日歯みがきしているのになぜ虫歯になるのですか?

A

虫歯の原因となる細菌は、糖分が大好きです。口内にある糖分を栄養源として酸を発生させ、歯を溶かしていってしまうのです。虫歯の発生には(1)歯の質、(2)砂糖(食べかす)、(3)細菌、(4)時間が関係していると言われています。だらだらと食べ続けたり、歯みがきが正しくできていないと、虫歯になってしまう可能性が高まります。

Q

治療が完了した後、メンテナンスはどのくらいの周期で受ければいいですか?

A

歯周病の方は、ある程度治療が落ち着く状況になったら1~3カ月ごとにメンテナンスにお越しいただいております。虫歯や歯周病の治療が完全に終了した場合は、1年に1度の来院で大丈夫です。

Q

虫歯や歯周病と全身的な病気は関係ありますか?

A

虫歯と歯周病は、細菌感染症です。この細菌が全身に影響を及ぼすことが、近年の研究によってわかってきました。虫歯や歯周病を放置しておくと、呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病、妊娠などに影響が出ると言われています。健康な歯や歯肉は、健康な身体の基本です。身体に影響を及ぼす前に、早めの受診、治療を心がけてください。

Q

他の歯科医院との違いは?

A

当院では、まず、患者さまがお困りのこと、お悩みのことのみに関する治療を行なうことを心がけています。主訴を解決した後、患者さまのご希望をお聞きしながら、必要に応じて、その他の治療を進めていきます。

小児歯科

Q

小さな子どもも受診できますか?

A

はい。可能です。その際、できれば保護者の方も一緒に診察室にお入りください。保護者の方が一緒の方がお子さんも安心しますし、自宅でのケアやブラッシング指導は、保護者の方にも一緒に取り組んでいただきたいと思っております。

Q

フッ素は、虫歯予防に効果がありますか?

A

虫歯の予防には、「汚れを付けない」「歯を強くする」「汚れが付いている時間を短くする」という3つのことが効果的です。フッ素を塗布することで、歯そのものの強度が増加しますので、虫歯予防には効果があると言えるでしょう。

Q

兄弟の上の子に虫歯がないのに、下の子が虫歯になるのはなぜですか?

A

乳歯は妊娠中のお母さんの栄養摂取が、永久歯は幼いころの栄養状態がかかわっていますので、兄弟でも虫歯のリスクは異なります。また、一般的に、下の子は、上の子が食べている甘いものを早い時期から食べ始めてしまうため、リスクが高くなると言われています。

被せもの・詰めもの・入れ歯(義歯)

Q

被せものや詰めものはどのくらいもちますか?

A

一度作ったものが壊れることは滅多にありませんが、土台となる歯や歯肉のお手入れをきちんとしておかなければ、トラブルが発生してしまいます。多くの方は、一度被せたり詰めたりすることで安心されてしまうようです。被せたり詰めたりしたところが再び虫歯になることはありませんが、その場所が虫歯になってしまった背景には、その場所に磨き残しがあったという理由があります。神経をとり、被せものをしたとはいえ、以前と同じ磨き方をしてしまっては、再びその場所に汚れが付き、その周辺が虫歯や歯周病になってしまうのです。どれだけもつのかは、その後のメンテナンス次第。治療後も、正しい歯の磨き方を実践することが大切です。

Q

入れ歯に違和感があります。どうすればいいですか?

A

入れ歯は違和感があるのが当然です。特に、初めて入れ歯を作られた方は、相当な違和感を覚えることでしょう。その程度は個人差があり、入れてみないとわかりません。入れ歯は、最初に装着してから、何度も調整をして完成します。また、徐々に慣れてもきます。その期間も人それぞれですが、より違和感の少ない入れ歯を作ることも可能です(自由(自費)診療)。詳しくはお気軽にご相談、お問い合わせください。

その他

Q

インプラント治療は行なっていますか?

A

インプラント治療は行なっておりません。インプラント治療をご希望される患者さまには、信頼のおける九州歯科大のインプラントセンターをご紹介させていただきます。

Q

歯みがき(ブラッシング)の指導はされていますか?

A

はい。子どもさんからご年配の方まで、丁寧な指導を行っております。歯みがき(ブラッシング)指導を行う際は、ご自宅で使用されている歯ブラシ(電動歯ブラシも可)をご持参いただき、歯ブラシが適しているかなども確認させていただきます。

Q

歯みがきは1日に何回行うのがベストですか?

A

歯みがきは1日2~3回が基本です。細菌が繁殖するのは、口を閉じ、唾液が流れない時間帯、即ち就寝時ですので、夜の歯みがきがとても重要になってきます。日中は口を開けて話す機会も多く、口内に空気がたくさん入り、唾液も流れるため、細菌が増殖しづらいのです。また、夜、歯を磨いた後にスポーツ飲料や経口補水液、乳酸菌飲料など、糖分を有するものを飲んでしまっては、元も子もありません。就寝前、歯を磨いた後は、お茶を飲むようにしましょう。

Q

歯みがきは、食後すぐにした方がいいのですか?

A

近年、食後すぐの歯みがきは、歯にダメージを与えることがあると言われています。というのも、食後すぐに歯みがきをしてしまうと、うがいによって大切な唾液を出してしまうことにより、唾液の緩衝作用(食後、酸性に傾いた口内を中性に戻す作用)が低下し、虫歯になる可能性が高くなるのです。この緩衝作用の働きが落ち着くのは食後30分ほど経ったころ。このタイミングで歯みがきをするといいでしょう。

Q

効果的な虫歯や歯周病の予防法は?

A

虫歯や歯周病は、放置して治るものではありません。いずれも、歯垢が歯に付着し、細菌が歯や歯肉を侵すことによって起こるため、毎日の正しい歯みがき(ブラッシング)や定期的な口内のメンテナンス(クリーニング・歯石除去)などを行うことで、予防が可能です。
また、味覚を促進させたり、口内環境を整えたりするために、大切な役割を果たしているのが「唾液」です。「唾液」の量が少ないと、虫歯や歯周病になりやすく、また抵抗力が低下したり、食事をおいしくいただくことができなかったりします。「唾液」をたくさん出すには、たくさん(一口に30回が目安)噛むことが大切です。たくさん噛むことは、虫歯や歯周病の予防だけでなく、胃腸の働きを促進させたり、肥満を防止させたり、また、味覚や表情筋を発達させるなど、全身的な効果も期待できます。

Q

自宅でのケアと歯科医院でのケアの違いは?

A

自宅で行うケアと歯科医院で行うケアは、言うなれば「車の両輪」のようなもので、片方が欠けても歯の健康を保つことが難しくなります。日常生活で正しい歯みがき(ブラッシング)や食生活に気をつけていても、定期的に歯科医院に通い、虫歯や歯周病の検診、歯石除去、セルフケアの指導などを受けましょう。「口は内臓の入口」と言われています。歯の健康を保つことが、心や身体の健康にも繋がるのです。

Q

8020運動って何ですか?

A

平成元(1989)年より、当時の厚生省と日本歯科医師会が奨励する「80歳になっても20本以上、自分の歯を保ちましょう」という運動です。京都歯科医師会では、その運動の一環として、80歳以上の方で20本以上の歯をお持ちの方の表彰を行なっています。自薦、他薦問いません。詳細は院長にお訊ねください。

side_tel.png