審美歯科

審美歯科
歯の機能と美しさを兼ね備えた治療です。

審美歯科の重要性

審美歯科は、歯の悪いところを治すだけではなく、見た目の美しさや機能も重視した診療科目です。虫歯で患部を削った際には、被せものや詰めものをして補綴します。
保険使用できるのは金属パラジウム合金を使用した材質で、強度はありますが、金属色のため、見た目がよくありません。
審美歯科は自由(自費)診療になるため、保険診療と比べて高額になりますが、天然歯と見分けがつかないような補綴が可能です。噛み心地や耐久性の面でも優れています。

被せもの(クラウン)

レジン

歯の色と合わせることができますが、変色する場合があります。
ハイブリッドレジン……レジンとセラミックの複合材料でできており、レジンに比べると変色しにくい。

セラミックス

セラミック(陶器)製で、色や形も美しく、経年的な変色もありません。

ラミネートベニア(レジンorセラミックス)

歯の表面に薄いプレートを貼り付け、歯を綺麗に見せることができる。

詰めもの(インレー)

ハイブリッドレジン

レジンとセラミックの複合材料で、レジンよりも変色しにくいのが特徴です。

セラミックス

セラミック(陶器)製で、色や形も美しく、経年的な変色もありません。

side_tel.png